省エネルギーを巡る厳しいコスト競争があり、また最近では「地球環境の保全」という、エネルギー多量消費企業に対して自然保護への要請もあり、手近な省エネルギーをどのように効率的に実施するかが切実な問題となりつつあります。

朝日加工株式会社では、永年にわたる染色設備等の改善で経験を生かし、現場担当者の要望を中心に「汚れた温排水からの熱回収の改善」に取り組んできました。そして大手ガス会社さんと温水器メーカーさんとの共同研究の結果、「高回収・省力・低コスト」の三拍子揃ったS字管式排熱回収装置「エコメリット®」の開発に成功し、当排熱回収装置の営業活動を行っております。

温排水の熱を再利用することにより環境にやさしいエコロジー、エネルギーの価格高騰の負担軽減に、そして高温排水規制(地域によって異なりますが、大阪府では40℃以下)の公害防止法規に適合します。

 

おおさかエコテック(環境技術評価・普及事業)技術評価において、S字管式排熱回収装置「エコメリット®」が平成21年度の評価において「ゴールド・エコテック」として選定されました。
 
■開発の経緯

従来は省エネを前提に「プレート方式」や「多管方式」等の排熱回収器が使用されてきました。いずれの方式も汚れの大きい糊抜精練、染色工程などの排水では、伝熱面への汚れ及び目詰まりがひどく、せっかくの設備が充分な効果を発揮していないケースも多いのが実状です。また60℃以下の中低温排水は、設備効果の面から排熱回収が難しくそのまま捨てられるケースもあります。

殆どの染工場ではうろこ状のプレートを用いて熱交換を行う「プレート式排熱回収装置」が主流といわれておりますが、プレート式ではうろこ状の微細な透き間に排水を通す形になり、排水中に多量の繊維のくずなどがプレートを目詰まりさせてしまい、熱交換効率が極端に落ちる弱点があります。

この為、短繊維の染工場でこのプレート式排熱回収装置を使用する場合、頻繁に設備の稼動を止め、プレートの清掃などメンテナンスを行う必要性があります。

これに対してS字管式排熱回収装置「エコメリット®」は、S字型伝熱管の中に清水を通し、その周囲に高温の排水を通すことで熱交換を行う形です。これだけで確実に排熱回収が可能です。また、排水を通す部分の機構がオープンなため、繊維の屑が溜まったとしても、専用ブラシで運転中に簡単に除去できることなどでメンテナンス性に優れております。

朝日加工株式会社のS字管式排熱回収装置「エコメリット®」は、これまでの問題点をほぼ完全に解消したものと考えます。

■特長・構造
1、メンテナンスにほとんど手間がかからない
2 運転中に簡単かつ短時間に掃除できる
3 安定した熱回収効率が持続する
4 高耐久性である
5 動力がいらない
 
■導入業種例 ※装置の特性上、温排水が常に出されている業種に限る
1、染色加工工場
2、リネンサプライ業界
3、食品加工業
4、製造業(お湯で製品を洗浄する工程)
5、製造業(高温の排水を水で希釈して排水処理場に入れている工場)※活性汚泥法の様な生物処理の場合、50℃程度が一番バクテリアにとって良い温度だそうです
6、スーパー銭湯・銭湯、温浴施設
 
■フロー例
 
S字管式排熱回収装置「エコメリット®」。
メンテナンスは運転中にパイプ表面をブラシで掃除するだけでよい。
専用ブラシは標準装備。
S字管式排熱回収装置「エコメリット®」の内部。多段積層S字型の熱交換器である。
   
■装置の標準寸法
長さ2,350× 巾610 × 高780mm
装置は耐熱・耐薬品性と断熱性に優れた合成樹脂(ネオランバー※1)製で、堅牢な省スペースの箱型。床置型のため基礎工事が不要で、据付が簡単です。
 
■熱交換器
装置の中に、外径25oのステンレス製薄肉パイプをS型に多段積層し隔壁を構成しています。温排水は装置内のS型パイプの外側を上下流を繰り返しながら、パイプ内を流れる清水を昇温します。 パイプは12段・25列となっており、送伝熱面積は17.7u、排水量は10㎥/hとなっています。
 
■※1:ネオランバーとは(木材ではありません!)
S字管式排熱回収装置「エコメリット®」の断熱素材として使用している木材の様に見えるこの素材、実は軽量耐食構造材ガラス長繊維強化プラスチック発砲体エスロンネオランバーFFU(熱硬化性樹脂発砲体:硬質ウレタン樹脂をガラス繊維で強化したもの)を使用しております。強度や特性上の問題から構造材として用途が制限されがちだった問題点を解決し、プラスチック発砲体の概念を打ち破った画期的な素材です。特徴は軽くて強い・耐薬品性・優れた保温性・防腐処理不要・寸法安定性などがあり、簡易型排熱回収装置として誕生したエコメリット®には最適な素材となっております。
 
■回収効率実績例

【A社】工業用水入温度:7℃ 工業用水出温度:45℃ 排水入温度:55℃ 排水出温度:40℃ 工水量5.8/h 回収熱量:922.6MJ/h(220,400Kcal/h) 回収金額:4,453,000円/年

【B社】工業用水入温度:13℃ 工業用水出温度:35℃ 排水入温度:50℃ 排水出温度:28℃ 工水量5.0/h 回収熱量:460.4MJ/h(110,000Kcal/h) 回収金額:2,222,000円/年

※回収金額は年間稼働時間を2,520時間とし、ガス単価を70円/(2010年大阪ガス平均単価)として計算した結果です。

 
■排熱回収のメリット(2011年度調査時の単価より算出)

年間稼働率を10時間×21日操業×12か月で計算し、1t/h(1,000L)の温排水から1℃回収するだけで、年間で下記の通りの省エネが見込めます。

ガス(13A単価70円/)の場合で、約20,206

(1,000L×1℃÷9,700キロカロリー×0.9(貫流ボイラー熱効率))×70円×2,520h=20,206

例えば5t/hを36℃回収出来れば、5×36×20,206=3,637,080の省エネが計れます

C重油(単価60円/L)の場合で、約20,728

(1,000L×1℃÷9,700キロカロリー×0.94比重×0.8(炉式ボイラー熱効率))×60円×2,520h=20,728

例えば5t/hを36℃回収出来れば、5×36×20,728=3,731,040の省エネが計れます

A重油(単価74円/L)の場合で、約25,166

(1,000L×1℃÷10,770キロカロリー×0.86比重×0.8(貫流ボイラー熱効率))×74円×2,520h=25,166

例えば5t/hを36℃回収出来れば、5×36×25,166=4,529,880の省エネが計れます

 
稼動中の排水温度と給水温度
排水温度:入口
排水温度:出口
給水温度:入口
給水温度:出口

 
■食品業界に最適!エコメリット®-SUS
ネオランバー特性上の見た目が木材の感じがどうもなぁ…と、お考えの食品業界さまに朗報!S字管式排熱回収装置「エコメリット®」にステンレスタイプが新登場。
 
海外輸出対応しております。Goods corresponding to overseas expot.
 
■当設備に関するお問い合わせ■
朝日加工株式会社 環境エンジニアリング部門
建築業 大阪府知事 許可(般-21)第133142号
〒541-0054 大阪市中央区南本町1丁目8番14号 堺筋本町ビル8階
電話:06-6271-2046(代表) FAX:06-6271-2060
メリット計算ご希望の方は、PDFをご利用ください…
当設備に関する内容は、PDFカタログをご利用ください

S字管式排熱回収装置「エコメリット®」は、朝日加工株式会社の登録商標です。